YOCK CUSTOM GARAGE BLOG

81’SHOVEL~製作日記④~

どうもこんばんは。
普段交替勤務の仕事をしています。
昼間はほんまに寝れません。疲れてても2~3時間で目が覚めてしまいます。
なんかええ方法はないでしょうか。

とか言いながら、小さい頃から寝る時間がもったいないと思ってしまう人間のようなので
おそらくええ方法があっても起きているでしょう。たいした事してへんくせに。笑

とゆうことで今回は骨格であるフレームとその隙間部分(オイルタンク)もできたので『車高』です。
どんなレアなパーツ付けてても、ハデですごいペイントしててもバイク全体のバランスが悪かったらかっこよくないですもんねぇ。
ファッションも一緒で、高価なブランドもんやったとしてもサイズバランスなんか特に悪かったらかっこエエことないし、逆に安物でもばっちりのサイズバランスで着てはる方とかほんまそれだけでかっこええと思います。
そーゆう意味で車高はそのバイクがっこよくなるかどうかの重要なポイントじゃないかと僕は思っています。
まずはリアから取りかかりました。
純正の短いスプリングサスにカバー付けていこかなおもてたんやけど、後ろから見た時サス本体がなんかでかすぎて飛び出してるみたいに見えるのがどうもバランスを崩してる気がして
スリムなやつにしたかったんで、イメージは純正のカバー付きの細いバージョンみたいなサスを探しました。
見つからず、とりあえず自作しよかと、その理想サス以外にも色々イメージして型を作ってバイクにあててみてなんかしました。
画像 1268

なんかしっくりこず、たまたまヤフオク覗いたら、、、
job_infini-img333x600-13232285954v5ico21343.jpg
近い!!!!この溝いらんけどサイズ感よさそう!イメージに近い!
ちゅうことでソッコー落札。3000円ぐらいやったかな?「マグナ250用?」みたいな事書いてました。
実際届いて、見たらええサイズ感!これやったらバイクにつけたらいい感じやわ~と妄想しながら、
これぐらいでかかったらなぁ・・・と、男としての理想も妄想しながら・・・失礼しました。
そしてもうひとつ思ったこと。
・・・・・・・重っ!!!!!
パイプ構造やと思ってたら鉄の塊でした。こんな重くて250のバイクなんかにつけたらフレーム大丈夫なんかな。
とりあえずパイプ構造やったら下手くそ溶接して熱で曲がってもうたらアレやしパテにしとこかなって感じやったけど

鉄の塊やし溶接で肉盛りして溝埋めてスムージングしました。

JOINTS の当日、会場でもたくさんの方にこのショックもどきについて聞かれました。
やっぱりこんなスリムなサイズで程よい固さなサスあったら欲しいですよね~
あの頃の固さはもう戻ってきませんが・・・失礼しました。

とりあえずそんなサス誰か作って欲しいっす!笑

はい、お次はフロントです。
これもローダウンするためにスプリング交換&シール交換。
ほんでアウターチューブのスムージング!
生まれて初めてフォークばらしました。うん!構造がよく分かる!やっぱり実際に見て触れてどうなってるのか、

どうしてそうなるかの答えを聞くのではなく自分で考える。そうして得た答えは長く覚えてるはずです。
・・・が、頭が悪いせいか、わたしの場合はすぐ忘れます。計算が死ぬほど苦手です。

びふぉ~
画像 1260
あふた~
1281.jpg
アルミってほんまおもろい素材ですね!
なんて表現したらええかわからんけどこっちが手を加える事に対して素直って感じがします。
ここは塗装するつもりはなく、アルミ素材のままでいきたかったので、削りすぎたり面が凸凹なったら修正きかんなるからかなり慎重にやりました。
塗装するんやったら多少ミスってもパテ入れたりしたらごまかせますけどね。
磨けば磨くほど光るアルミですが、あえてピカピカにはせず、あえてちょっとくすんだぐらいで仕上げました。
初挑戦でしたが、わりかし上手いこと出来た方ではないかと思います。

購入したローダウンスプリングではちょっともの足りず何回かばらしては組みをなどあれやこれやさててきたよ図
1283.jpg
バランスどうでしょうか
1311.jpg
ちょっとフロントがまだ高い感じですが、ストロークする分も考えたらこれぐらいが限界でした。
もっとええ低くする方法とかあるんでしょうが、ある程度の乗り心地
確保したかったので。

ついでにハンドルも製作。
市販でよく売られてる「スーパーバー」を、幅詰めして高さも低くしました。
びふぉ~
画像 1258
あふた~
画像 1256


明日6月3日は大阪舞洲である稲妻フェスティバルに子供連れて行ってきます。
チビらが「帰りたい~」と、ごねらん事を祈って・・・
スポンサーサイト
  1. 2012/06/02(土) 14:30:22|
  2. 81 FXEF ショベル 製作記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<81’SHOVEL~製作日記⑤~ | ホーム | 81’SHOVEL~製作日記③~>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yock1981.blog.fc2.com/tb.php/5-5e6231b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

YOCK

Author:YOCK
兵庫県三田市,神戸市北区近辺でバイクをいじくりまわし、乗り回しております。
harley davidson model 1932 V

最新記事

最新コメント

カテゴリ

未分類 (8)
日記 (83)
製作 (11)
ファッション (4)
SHOP (5)
イベント (30)
告知 (8)
1932 V (22)
81 FXEF ショベル 製作記 (20)
00 ロイヤルエンフィールド製作記 (14)
90 SR400 製作記 (1)
97 SR400 製作記 (9)
95 FXD ダイナ 製作記 (4)
99 FXD ダイナ 製作記 (8)
88 XLH プチカスタム (2)
92 XLH  (1)
00 XL883R 製作記 (8)
SPEED AND CUSTOM SHOW (5)
JOINTS (3)
NEW ORDER CHOPPER SHOW (6)
HOT ROD CUSTOM SHOW (9)
BIG SUNDAY (3)
HIGHSLOT (2)
千里浜 SAND FLATS SPEEDWAY (2)
古き二輪を愛でる会 (3)
キュロスナイト (3)
琵琶湖旧車MTG (4)

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する