YOCK CUSTOM GARAGE BLOG

ヘルメット製作

書くときは連発で書いちゃうよ


どうも僕です。


絶賛髪の毛伸ばし中YOCKです。


斉藤和義みたいな髪型にしたくて伸ばしてパーマあてましたが、

少年アシベみたいな髪型になってます。


鏡見ても、似合ってないの自覚してますが

仲ええ身近な人には似合わんと言われまくってます。


僕に面と向かってそんなこと言えない(後輩とか)人でも、

一番最初のリアクションで、こいつ心の中で今、似合わんと思ったな。

というのがよくわかるリアクションしやがります。


その場面で、その人がどんだけ上手い演技できるかを観察する癖ができました。


おっと、演技とか疑ってる時点で私の性格の悪さが出ちゃいましたね。失礼しやした。



さて、


この、何年代かは不明のヒロタケアライのメットを入手してから

2年ほど経ってしまいましたが、ようやく手をつけました。

IMG_9174 - コピー


IMG_9222 - コピー

パッと見状態良さそうですが

実際はレザー、コルクはパキパキ、ウレタンはぼろぼろ加水分解。

などなど。

被ってたら頭が粉だらけで大変な事になります。

というか、頭がでかくて、入りません(笑)


IMG_0246 - コピー

こちら友人K氏からいただいたヤンキー系旧車会コルクメット

これの内装をいただいて移植します。

わざわざ移植せんでも色塗り替えて使ったらええやーんと

突っ込まれそうですが、このシリーズのコルク半帽は帽体が非常に

でかいので頭でっかちさんになってしまうのです。

なので小ぶりな帽体とこいつの内装をドッキングするのです


IMG_2788 - コピー

完成イメージは昔のレーサーぽさを出しながらも、どんよりした怪しさみたいなんも出すこと。


その為に効果的に白を効かせようという思惑から

ストラップは白で行くことに。

材料を買ってきて、作って行きます。

(ついでにたくさん買ってしまう癖あり)


IMG_2789 - コピー

ミシン使うの久々やわ~


IMG_2790 - コピー

こんなもんか

小学校の時の家庭科の事思い出したなぁ


IMG_2794 - コピー

写真撮り忘れたけど絶対外れないように先にストラップをリベット留めして


IMG_2791 - コピー

こいつをつけます。

耳のこの部分ぶさいくなので

後で整形しました。


IMG_2802 - コピー

先に内側のツバ裏とか塗って、全周縫う!

内側みを箇所によって厚みを変えながらウレタンマットなどを張り付けて

ベストなサイズ感で被れるようにしました。

もし、コケて頭打っても吊り天井の何も内装にないやつよりかは、絶対マシですしねー


IMG_2808 - コピー

内側が完成したら、色を塗っていきます。

今回はテケトーヤレヤレ風ペイントをするので、

下地処理とか、しません!笑

テケトーですテケトー


IMG_2809 - コピー

全体を黒に塗ってから白のラインを入れていきます。


白にすんねやったらその部分は元の色残しておけばよかったやんと、

見せかけて実はこれには狙いが!

黒入れてから白なら、白がはがれたら下の黒が出てくるので

傷が目立ってくれるでしょ☆

白に傷入るより目立ってくれるという狙いです。



そして

完成♪

IMG_2816 - コピー


IMG_2814 - コピー


IMG_2815 - コピー


IMG_2817 - コピー


IMG_2818 - コピー

どうでしょうか


ええ感じにできたんちゃうかなって思います。


ツバに沿って白モール入れた方が白の場所的な配分はいいかもしれませんが

「怪しさ」を演出するなら、あえて、ない、これで正解かと。


あくまで個人的感覚ですが。




あと3~4種類、ハーフのメット持ちたいと企んどります(笑)




そして、明日は名古屋で開催される

SPEED&CUSTOM SHOW、オフラインへ

行ってきます。


なんかええもんあればええなぁ~




おしまい

スポンサーサイト
  1. 2017/03/25(土) 09:32:00|
  2. 製作
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

hanson レプリカ 全部完成しました


あけましておめでとうございます。←遅っ


もう一月も終わりですが

2017年初更新でございます。


さて!

前回の続きですが!

パーカライジングが上がってきたので

組んでみました☆


IMG_1988 - コピー

これはパイプだけパーカ仕様


IMG_1990 - コピー


IMG_1991 - コピー


IMG_1993 - コピー


IMG_1994 - コピー

この角度がなぜか好き(笑)





そしてこんなんも作ってみました

↓↓↓

IMG_1766 - コピー

スクリーンをスモークに


IMG_1822 - コピー

うーん。。。いかついぜ☆


IMG_1827 - コピー

シュッとしますね


IMG_1833 - コピー

このブラックハンソンちゃんは、速攻売れちゃいました!

ありがとうございます!!



個人的に一番お気に入りはこれ

↓↓↓

IMG_2038 - コピー

一番メジャーな色の配色の逆バージョン


IMG_2039 - コピー


IMG_2041 - コピー


IMG_2044 - コピー (2)

ええわ、これ。

汚れてくたびれてきたら、もう、完璧や思います。


IMG_2058 - コピー

さー8セット作りましたが、もう残り2本です!

(写真は3本ですが1本予約済み)


IMG_2086 - コピー

自分用にも並行して作ってますが!

布の色を失敗しました(笑)


とまあ、そんな感じです。


今年もYOCKブログよろしくお願いいたします!


おしまい

  1. 2017/01/26(木) 19:20:00|
  2. 製作
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

【FOR SALE】ハンソン風ロールアップシールド完成

おはこんばんちは。
ついに、ここまで来ました。。。
好きすぎて好きすぎて
自分で作ってしまったHANSON SPORT SHIELD
思えばこんなんからスタートして
↓↓↓
P1450022 - コピー
P1450023 - コピー
ドリルとサンダーのみで作った最初期自分用
工作精度でいったらもう、わやくちゃ(笑)
そのあと、ある先輩から製作依頼をもらったので
どうせなら、プロの職人さんにお願いして
精度の高いものを作ろうと、作った5セット
(写真は3セットですけど(笑))
IMG_9410.jpg
こちらもすぐ完売していただき
そして新たに8セット今回製作しました。
IMG_0961 - コピー
より、オリジナルに近づけるよう、
鉄部分のコーティングを新たな種類のメッキを施しました。
IMG_1229 - コピー
IMG_1018 - コピー
大まかにフライスで加工してからアールや鋳物肌風の施工は
一つ一つ手作業で製作しております。
IMG_0991 - コピー
どうですかこの!佇まい!
これはステンレスパイプバージョンです
IMG_0992 - コピー
めちゃくちゃええですね。
ステンレスなので錆びたくない、ヤレても、くすむ程度がいいという方向けですかね☆
IMG_0990 - コピー
世の中に出回っているハンソンレプリカもステンパイプですしね。
IMG_0985 - コピー
ええ色出てます。
IMG_0987 - コピー
IMG_0982 - コピー
力のかかる部分には硬い鉄を使用して
焼き入れ加工も施して強度を出しています☆
IMG_1306 - コピー
こちらも同じステンパイプバージョンですが、
IMG_1307 - コピー
丸棒の曲げ加工なしです。
平行なので曲げてない方が断然かっこいいです。
シールドを上げて走らない方はこの曲げなしの方がいいですかね☆
(なぜ曲げるのかというのは下で説明してます)
IMG_1308 - コピー
IMG_1310 - コピー
IMG_1311 - コピー
IMG_1312 - コピー
あかん、どの角度から見てもかっこええ。。。
IMG_1020 - コピー
そしてこちらが鉄のパイプバージョン。
しかもコーティングなしの素地仕様。
IMG_1027 - コピー
艶消しになっているところは
ブラストあててます。
錆びさせてヤレッヤレ!に、したい方向けですね(笑)
僕もこっち系です(笑)
錆促進剤や、塩水などなど使用して早く錆びさせるのも良し、
自然に時間をかけてビンテージにしていくのも良いですね☆
IMG_1032 - コピー
IMG_1033 - コピー
取り付ける車両によってハンドル高さ、幅、シートの高さなど
一台一台、違いがありますのでこのロールアップシールドの上げた状態の高さも
それぞれ違ってきます。
僕のVLでは30センチぐらい上げると前が全く見えません(笑)
でも、30sのUL乗りの方の車両は30センチぐらい上げてもいい具合の高さでしたし、
40sWLでは15センチ位がベストでした。
15~20センチぐらいがベストの車両もあれば30センチ以上がベストの
車両もありますので購入していただいた方の車両にマッチする高さに
丸棒を曲げる必要があります。
丸棒は硬い鉄を利用していますが、万力に加えて鉄パイプ突っ込めば曲げれますので
お好みの位置への調整をお願いいたします。
販売時は曲げなし平行バージョンで販売する予定です。
あと、まだ仕上がってきておりませんが
パーカライズドパイプ仕様も製作予定です。
こちらも出来上がり次第ブログアップいたします☆
職人と何度も何度も話し合い、時には
納得いかずで作り直してもらったり、
こだわってこだわって今回8セット作りましたが
もうすでに2セット買っていただいたので
残り6セットです!
価格は10万円です。
コストも時間もかかっておりますので
これが限界でございます(汗)
送料はこちらで頑張らせていただきます!
(離島などへは要相談)
購入はコメント(非公開もできます)よりお待ちしております!
是非とも!よろしくお願いいたします!!
おしまい
  1. 2016/12/19(月) 18:06:00|
  2. 製作
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
次のページ

プロフィール

YOCK

Author:YOCK
兵庫県三田市,神戸市北区近辺でバイクをいじくりまわし、乗り回しております。
harley davidson model 1932 V

最新記事

最新コメント

カテゴリ

未分類 (6)
日記 (79)
製作 (9)
ファッション (4)
SHOP (5)
イベント (31)
告知 (8)
1932 V (20)
81 FXEF ショベル 製作記 (20)
00 ロイヤルエンフィールド製作記 (14)
90 SR400 製作記 (1)
97 SR400 製作記 (9)
95 FXD ダイナ 製作記 (4)
99 FXD ダイナ 製作記 (8)
88 XLH プチカスタム (2)
92 XLH  (1)
00 XL883R 製作記 (8)
SPEED AND CUSTOM SHOW (5)
JOINTS (3)
NEW ORDER CHOPPER SHOW (5)
HOT ROD CUSTOM SHOW (9)
BIG SUNDAY (3)
HIGHSLOT (2)
千里浜 SAND FLATS SPEEDWAY (2)
古き二輪を愛でる会 (3)
キュロスナイト (3)

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する