YOCK CUSTOM GARAGE BLOG

ムートンシートカバー製作とNEW MESINGER シート

今日は我が愛車の話。

というか愛車のシートの話。

もう年期入りすぎてクタクタで
いつ破れてもおかしくない状態やったので
どうにか手を打たんとあかんと思っておったのですが
国内で相場より安く売っているレプリカを発見できたので、
入手いたしました。

80~90年経つと、こんだけ変わるよというええ見本

IMG_8382_R.jpg

IMG_8380_R.jpg
もう、元が何色かわからん(笑)

IMG_8378_R.jpg
これも、、、

IMG_8387_R.jpg
こうなると(笑)

IMG_8383_R.jpg
そら、浮くよね~

IMG_8491_R.jpg
まあ、いいんです。
どうせシートカバー作って見えなくなるんで。

ちゅうことで何年越しかの思いをようやく形にしていきますよ

IMG_8493_R.jpg
濃い色が良かったので染めます。

IMG_8496_R.jpg

IMG_8494_R.jpg
はい、そして結果ですが染まるには染まったのですが
羊さんの乾燥されていた革がぐつぐつ沸騰していると
だんだん柔らかく本当の皮膚に戻ってきてしまって
挙句にかなり縮んで使い物にならなくなってしまいました。。。

IMG_8521_R.jpg
大きめの革だったので2分割したもう片方で
今度はこれでリベンジです。

と、思ったのですがこんなんシート全部染めるのに何本いんねんって
話なのでこれも断念。

IMG_8662_R.jpg
悩んでる間にシートを塗ってみました。
まだましになった。

IMG_8499_R.jpg
ふむふむ。
こうやってみるとめちゃくちゃ縮んでるなぁ(笑)

IMG_8791_R.jpg
元から染色されたムートンとゲット☆
最初からそないせえっちゅう。。。(笑)

IMG_8794_R.jpg
適正サイズに散髪

IMG_8792_R.jpg

IMG_8793_R.jpg
裏地には硬めの布で
雰囲気も合うようによく見ると色がまだらになったやつをセレクト。

IMG_8798_R.jpg

IMG_8813_R.jpg
完成

IMG_8814_R.jpg

IMG_8817_R.jpg

IMG_8818_R.jpg
巷で出回っているムートンカバーだとここまで
ピッタリサイズは見込めないと思います。
とくにmesingerシートは平べったいしね~。

IMG_8819_R.jpg 
これで走行中にカバーがずれるようなことはないと思われます☆
一応、ミシン糸の色も革ひもの色もこだわってるのよ

IMG_8869_R.jpg
装着図

おお~
ワイルドになりましたね~

そしてなにより
冬場の革のお尻、ヒヤッがなくなりました♪

めちゃくちゃいい☆

新シート+ムートンで座る位置も高くなって
姿勢も楽になってクラッチ、ブレーキも踏みやすくなったし♪

ええことずくしでかなりのお気に入り品になりそうです。



2017年残すところあと少し!
もうあと数回ブログアップしようと思ってます。
頑張ります。


おしまい

スポンサーサイト
  1. 2017/12/26(火) 10:19:00|
  2. 1932 V
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クラッチペダル修理



おはようございます。

8月の朝です。

1年とはなんちゅう早さなんでしょうか。
もう!8月やで!

短い夏なんてすぐ終わってしまいますね!
後悔しないように思いっきり夏を満喫する予定でございます。

予定盛沢山ですので出先で
バイクのトラブルないように
気になるところは早めに直しておくのが得策ですね。

ちゅうことで
最近クラッチペダルがグラグラで
踏む時、安定せーへんしカタカタ音をたてながら
暴れだしていたので修理します。

IMG_5098 - コピー
青の丸は、きっと前のオーナーがグラグラになっても
リベットを打ち直さずに溶接して留めてしまった跡です。
しかもこの溶接も割れてしまってます。
今回、リベットを打ち替えるので綺麗に取り除きます。

赤丸はぐらついてここまで離れてしまってます。
本来は引っ付いてます。

IMG_5099 - コピー
向かって右の大きな方のリベットが
グラッっちさんです。
85年の役目を終え、
今、鉄リベット爺さんを取り除きます。
お疲れ様でした。

IMG_5102 - コピー
こんだけ穴が拡大しとります。
上下にも動いちゃうし、左右にも、グラグラなの!
穴を溶接で肉盛りして元の大きさへ戻しました

IMG_5100 - コピー
そしていつぞやに大量に買ったけど
使う機会がほぼなかった鉄リベット達が!ついに!出番です!
たのむぞ!若者よ!

IMG_5104 - コピー
お、ショベルのいらなくなったバルブガイドがめちゃくちゃドンピシャサイズ☆

IMG_5106 - コピー
プレス

IMG_5108 - コピー
よーしよしよし

IMG_5111 - コピー
隙間もなくなったしグラつきもなくまりました。
かなり踏みやすくなりましたとさ。


おしまい

  1. 2017/08/01(火) 07:04:00|
  2. 1932 V
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ジェネ子

先日、福知山の方へ行った帰りに調子悪くなり、
アース不良やと思っていて
治ったと思っていたけどその次行った淡路島キャンプ時に、
またまた発生した謎のトラブル。
しかもやっかいなのは、たまにしか発生しないこと。
そのたまに発生した時はアンメーターが誤作動のように
プラスやマイナスを行き来して、もう、通電0状態になること。
かと思ったらスイッチBOX裏の配線が集まっているところを
コチョコチョいじると直ったりする。
そしていきなり直ったりいきなり発生したりするので
ほんまに見つけにくい。
どこまで通電しててあかん時どこからあかんのかも、
見つけさせてくれないという(笑)
あげくにはバッテリーも6.4Vあったとおもったら
4Vとかになったり
挙句に替えたバッカリのテールランプと、
スイッチBOXのライトのバルブが飛ぶという。。。
どないなっとんや(笑)

とりあえず、わかる範囲で
スイッチ裏を触ると反応があるのでそこの通電が悪いと思い、
全バラシしてみました。
IMG_4753_R.jpg
間違えないように印を
IMG_4755_R.jpg
全バラ
IMG_4756_R.jpg
錆びたり汚れがひどいので
秘伝の液につけこんで錆汚れを除去
IMG_4763_R.jpg
数分で綺麗になりました。
IMG_4766_R.jpg
でも新品ネジに新調(笑)
どないやねん
IMG_4765_R.jpg
これでばっちりやろ~
IMG_4767_R.jpg
この昔ながらの端子もかえたろかー
座り悪いし
IMG_4770_R.jpg
交換
IMG_4772_R.jpg
間違えないように組んで行きます。
IMG_4785_R.jpg
飛んでしまったスイッチBOXライトのバルブを替えたいのですが
6Vでこのサイズの発光部が一つやのにダブル球の
しかも引っかかる山が段違いじゃないやつなんか
売ってません(笑)
なのでその辺のホームセンターやオートバックスで売ってる
12Vのダブル球を改造します。
左が入ってたやつで右が12Vのダブル球
IMG_4786_R.jpg
片側をサンダーで落としてハンダで山を作りました。
点灯もOK
そしてスイッチBOXええ感じに仕上がったけど、
謎のトラブルは、直らず。。。
その後も根気よく何度も、何をして何をしてない時に
発生するのかを探し、ライトスイッチを入れた時に高い確率で
不調が発生していることをようやく見つけました。
イグニッションスイッチ以外にもう一つライト関係のON/OFFスイッチがあるのですが
そのスイッチを入れた時にはライトなどを光らせる為の電気がいるので
ジェネレーター内で普段使いのコイルともう一つ起動させるスイッチ
(サードブラシ)も兼ねているので、もしかしてそれか?と思いジェネを
あけみました。
IMG_4830_R.jpg
IMG_4816.jpg
見つけた。。。
やっぱりサードブラシ側の配線や。。。
こいつが当たった時にショートしたり変な電流送ったりしてて
悪さしてたんかな
去年ジェネ開けた時に付け根が配線むき出してたので収縮テープ巻いて
補強してたんやけど配線の取り回しが悪かったんやな~
IMG_4827_R.jpg
とりあえず見つかってよかった。
せっかく開けたし掃除して、あかんとこは全部替えます。
IMG_4837_R.jpg
取ってみたら、こんなん(笑)
もうコイルがむき出しになってますなー
パーツ入手にまた時間かかるんかな~
2日後のニューオーダーは乗って行けへんな~と思っていたのですが
石川県のAARさんが在庫持ってはって次の日には全部そろいました。
めちゃくちゃ助かりました☆感謝☆
IMG_4838_R.jpg
新品~
IMG_4839_R.jpg
これも秘伝の液体Sでキレイキレイしましょ
IMG_4846_R_20170703135137b69.jpg
新品気持ちいいよ!
IMG_4845_R.jpg
アーマチュアとの隙間は0.8以上必要らしいので
広告2枚重ねで0.9なのでこれが入るまで
新しいフィールドコイルの厚みが薄くなるように
やさしくめでムニムニしてええ感じに収まりました。
IMG_4818 - コピー
ここもブラシで黒くなってるので
耐水ペーパーで磨いて綺麗に。
IMG_4842_R.jpg
ベアリングも新調
IMG_4851_R.jpg
そして完成♪
今回は配線が当たらないようにちょっと工夫して組みました。
前回の失敗を活かす男YOCK!イイネ!
そしてバッテリーも新調して、超絶好調になりました。
ただ、ライトスイッチ入れた時は発電量を調整できるのですが
そうでない通常発電コイルのみの時は発電量をいじる事ができないので
発電しすぎると過充電になるのですが、アンメーターで2.5A~3Aを指してる。
理想は1A~1.5Aぐらいに持って行きたい。
明らかに前より発電量が上がってるので、電球(テールとか)かまして
消費させるようにしましょうかね。
とりあえず今回の謎の不調がちゃんと解明できて良かったですー
おしまい
  1. 2017/07/03(月) 14:59:22|
  2. 1932 V
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

プロフィール

YOCK

Author:YOCK
兵庫県三田市,神戸市北区近辺でバイクをいじくりまわし、乗り回しております。
harley davidson model 1932 V

最新記事

最新コメント

カテゴリ

未分類 (10)
日記 (94)
製作 (11)
ファッション (5)
SHOP (5)
イベント (30)
告知 (8)
1932 V (23)
81 FXEF ショベル 製作記 (20)
00 ロイヤルエンフィールド製作記 (14)
90 SR400 製作記 (1)
97 SR400 製作記 (9)
95 FXD ダイナ 製作記 (4)
99 FXD ダイナ 製作記 (8)
88 XLH プチカスタム (2)
92 XLH  (1)
00 XL883R 製作記 (8)
SPEED AND CUSTOM SHOW (5)
JOINTS (3)
NEW ORDER CHOPPER SHOW (6)
HOT ROD CUSTOM SHOW (9)
BIG SUNDAY (5)
HIGHSLOT (2)
千里浜 SAND FLATS SPEEDWAY (2)
古き二輪を愛でる会 (3)
キュロスナイト (4)
琵琶湖旧車MTG (4)

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する